CD売るならゲオ・ブックオフがおすすめ?!

全国に1200を超える店舗を展開しているゲオはレンタルDVD、コミック、CDはもちろんのこと買取に関しても行っています。
わたしもよくゲオではコミックのレンタルで利用をしています。
なので、最近もう聴かなくなったものの処分に、ゲオでCDを売ることにしました。

買取を依頼したのは、約10年前から1年前までのアルバム30点。
果たしていくらになるのか。希望としては1000円程度になればいいなという気持ちで店舗に赴きました。

ゲオに入店し、店員さんに買取をお願いしたい旨を伝え、売る商品の入った袋を手渡しました。
氏名などの必要事項を記入し査定が終わるのを店舗内で待ちました。
他にも査定を依頼していたお客様がいたのか、約15分ほど待たされましたが許容範囲でした。

そして気になる査定結果はというと、880円でした。
正直希望金額に満たなかったのでがっかりはしましたが、自宅で聴くわけでもないのでそのまま買取をお願いしました。

ゲオでCDを売るなら、割と最近のCDであってもあまり知名度のないアーティストはあまり高額な査定にはならず、逆にジャニーズなど人気のあると高額の査定でした。
とはいえ、一番安い査定は0円、一番高額な査定でも80円という結果で、あまり高額な査定は期待できないと思いました。

参考:CDを売るなら.com

CDを売るならブックオフがおすすめ?!

本を売るならブックオフのCMで知られているブックオフですが、本だけではなくCDやDVDの買い取りも行っています。
ブックオフでCDを売るなら、直接店頭に持ち込む、または、宅配買取サービスを申し込む、という方法があります。

店舗で買い取ってもらう場合は、買取りのカウンターで免許証などの身分証を提示し、持ち込んだ商品を渡すと、10~20分ほどで査定が完了します。

現金で支払ってくれるのでスピーディです。
予約の必要はありませんが、先客が多いと待ち時間が長くなるので、混み合う時間帯を確認してから出かける方がよいでしょう。

自分で持ち込むので、1点からでも買い取り可能で、輸入盤も買い取り対象となっています。
盤面に目立つキズがあるものは買い取ってもらえない場合があり、また、サンプル版は買取不可ですが、

ブックオフでCDを売る場合、店頭買い取りのデメリットは、新しいと比較的高値が付きますが、発売日が古い物は、たとえレアものでも査定が低くなってしまうことです。

店頭での買い取りは、店舗や担当者の判断によって査定が異なるため、同じブックオフでも、入手困難なレアものは、宅配買取サービスの方が時間をかけて査定してくれるので、高値で引き取ってもらえることが多くなっています。

買取価格がアップするキャンペーンを行っていることもあるので、CDの種類やタイミングによっては、宅配買取の方が有利になります。
宅配買取サービスでは、3枚以上なら、送料無料で送ることができます。

CDを売るならゲオがおすすめ?!

聴かなくなったCDを売るなら、ゲオを利用してみてはいかがでしょうか。
ゲオでは、1点からでも高価買取していますので不要なCDが多いという方にはお勧めです。

ゲオでは、店舗以外でもオンラインでゲオマートというサービスを運営しており、箱に詰めて書類と一緒に送るだけですので店舗に出向いている暇がなかったり面倒であったり量が多いという方にはおすすめの方法です。

コンビニエンスストアや郵便局から手軽に発送することが出来て、費用や送料や査定料なども必要ありません。
売るCDを詰めて送るだけの簡単な方法です。

到着から最短で1営業日中には査定結果を知ることが出来ますので、スピーディーに買い取ってほしいという方にも適しています。

宅配業者が自宅に来て荷物を持って行ってくれるサービスもありますので、近所にコンビニエンスストアや郵便局などが無いという方にはこちらの方法が良いでしょう。
アルバムが10枚以上の場合、送料が無料になります。

ゲオではどこよりも高く買い取りをするというモットーで様々なキャンペーンを行っています。
多く売るほどお得になりますので、聴かなくなったCDを売るなら、まとめ買取サービスを利用してみてはいかがでしょうか。